「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
SMART STORAGE!
naowr.exblog.jp
片付けられない本当の理由・・・明日への行動
結末まであと2回おつきあい下さい。
今日も少々長いです・・・

少しだけスイッチが切り替わり、メールのやり取り
にも明るさがプラスされましたが、ご長男の様子次第・・・

キッチンのお片づけをするべく伺ったその日・・・

少しすっきりとしたリビングに対し、
奥様のお部屋に決めた、まだ、手つかずのお部屋の状況を
目の当たりにし、

相棒と私は何も言わずとも 今日の予定変更を決めました。

c0219541_1264046.jpg


リビングで不要になった物、
ご自身で判断つけられないものを個室に持ち込み、
自分で何とかしようと責任を取り始めた
そのお部屋。

これまで、お子さんと一緒に寝ていらっしゃいましたが
それぞれの個室に寝るようになり
ここにお布団を敷いて寝ているとの亊・・・

ただでさえも、不安で、心休まらない毎日の・・

疲れた体を休める場所が、これでは・・・
何だか悲しくて悲しくて。

必死で作業を進め、お部屋を一掃しました。 

c0219541_12152654.jpg



でも、母として、
皆で過ごすリビングはきれいに保ちたい』
と言う思いはとても良い変化でした。

もう1つ

大事にして欲しい事があったので、
我が家にいらして頂く事にしました。
(普段はこのような事はしておりません)

毎日部屋にこもって、学校との連絡だけでは気分も晴れない毎日

「何としてでも行ってみたい!
 息子がいっしょになるかもしれないけど・・・」

当日は、奇跡の様に朝から学校に行くと行ってでかけたご長男。

ゆっくりとお話を伺う事ができました。

「これからの暮らしがどのようになったらいいと思いますか?」


「・・・・」
・・・これからなんて、何も考えられないし、
 考えては いけない・・
 そう思って今日まできました。
 息子の事が解決するまで、両親の事が落ちつくまで・・」

 (お母様が倒れて、お父様が看護、遠くの両親の様子を
  見に、通っていらっしゃいました)
  
将来の事や、もう少し先の事は、現時点では考えにくい
 かもしれません。
 今日、お呼び立てしたのはちょっとだけ行動を変えて
 欲しかった
からです。
 息子さんの事、御主人の事、先生の事色々あるけれど
 奥様ご自身と向き合って欲しい。
 今日はお化粧をして、我が家にいらして下さいましたね。
 どんな気分でしたか?」

「久し振りで、何だかワクワクしました。
 先日お部屋をきれいにして頂いて、洋服もすっきり
 しましたから・・・
 アドバイスを受けて 久し振りに買い物に行き
 似合うといわれたグレーのアイテムを買いました。」

「先日のお部屋のクローゼットを見れば、以前はきれいに
 する事が大好きだったはずだとわかりました。
 いつもお化粧もせず、洋服にも気を使わなくなった
 ママを見ていたら、息子さんはどうでしょう?御主人は
 どうでしょうか?」

「・・・悲しかったかもしれない・・・」

「問題は大きく好転しないかもしれないけれど、
 奥様が自分を取り戻し、自分を大切にする事
 の大切さを思い出して欲しいと思いました。
 ママが、自分を見失わずに背筋を伸ばしたら
 お家の中の空気だけでも変わる
かもしれないと
 思ったのです。」

普段の作業では見られなかった、優しい笑顔を残し
奥様は帰って行かれました。

今日の 明日の行動を変える事が大きく未来を変える。

これは、イライラと不機嫌で上手くいかない事だらけだった
時に私が意識してやってみた事でした。

次回最終話となります。

長文でしたが、
最後までおつきあい頂きありがとうございました。

今日も応援クリック頂けると
次回の励みになります!

宜しくお願い致します
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
# by nao-wr | 2011-08-20 13:11 | ...収納実例
片付けられない本当の理由・・・母親って・・
お休みを頂きました。
家族でキャンプへ!
またレポします(多分)

さて、前回の続きです。
簡単に話せる内容ではないので文章が多く申し訳ありません。

ご長男の部屋を整えて、各自が個室で生活する様になりました。
リビングには個人の物は置かない!」
ガルールとなりましたが、お片づけが苦手なお嬢チャマは
度々放置・・・

c0219541_6242714.jpg

画像掲載許可は頂いております。

相変わらず、お父様が個人の物を捨ててしまう・・
奥様が怒られる・・
そんな日々が続きました。

ご長男の学校問題においても、
学校に行くべきだと促す御主人・・・

奥様は、何度も担任の先生と話し合いに行きましたが
先生は 現状を変える為の柔軟な提案 などはまるでなく、
いじめなんて そのうちおさまる・・
自分は教師歴も長くベテランだから・・・

というタイプの先生で、

子どもを守ってもらえない 数々の出来事に心身ともに
お疲れになっていました。

その他の先生が見かねて話しを聞いて下さったり、助けて
下さっても、担任の先生がそんな状態では、好転するはず
もなく・・

私と相棒が伺う度に、部屋の様子と同じ様に奥様の心の中が
片付けられなくなっている・・・状態。

学校に行きたい

本当は行きたい・・・


そんな長男の気持ちがわかるだけに、送り迎えをしたり、
いつ帰宅するかわからない彼の為に、家から出る事もで
きない・・・

同じ母として
本当に辛いだろうな・・・
誰にも相談できずにいた
あの時の奥様の状態を思い出すと
今も涙があふれます。

作業をしても、「それもいる、これもいる」
と、なかなか物も減らず、表面的な片付けで良い。

これ以上、奪われたく無い・・・

といった思いが伝わってきました。

片付ける目的も 思い描く事が困難でした。
「旦那様に責められない様に片付ける」
これが目標になってしまっている限り、
リバウンドするから・・・

オーガナイズの特徴は

空間の整理<思考の整理

思考の整理ができれば空間の整理も驚く程に変わります。
その、スイッチの切り替えのお手伝い をどのタイミング
で行うか?

が、オーガナイザーの力量かもしれません。


まだ新人だった私は、心のカウンセリングの専門家に話しを
聞いたり、子どもの心について情報を増やし、奥様との会話を
充実させる事に。

ある日のランチタイム

私自身もいじめられた経験がありましたので
そのお話をしました。

とても辛かったけど

家に帰ると、何も言わないのに
「何があった?」
と母が言ってくれて、

不意に聞かれたその言葉に涙があふれ、
泣いている私の頭をなでて、眠るまでそばにいてくれた事。

いじめはすぐには治まらなかったけど、私には味方がいる
と言う気持ちが、私の人生の中の大きな支えになった事。

先生も、御主人との考え方も、ママ友も、いじめる子ども達
周囲への怒りも言いたい事も沢山あると思うけど・・・

「ママは味方だ いつも味方だ」

その気持ちだけ伝えてあげて欲しい。
なかなか結果には出ないけど、子どもの心が強くなるには
不可欠なのかもしれません。

中学生男子を持つ相棒の話しも手伝って・・・


奥様は今まで押し殺していた感情が一気にあふれ
これまで我慢されていた悲しみを伝えながら
たくさんたくさん泣いていました。

少しだけ スイッチが切り替わった瞬間でした。

次回に続きます。
読んだよのしるしに応援クリック頂けるとうれしいです。
   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


現在全てのコメントにお返事ができません。
申し訳ありません。
頂いたコメントには、必ず目を通しております。
ご質問頂いた内容でお伝えできる事は、記事内にてお答え致します!
宜しくお願い致します。
ホームページはこちら・・・
[PR]
# by NAO-WR | 2011-08-17 07:13
片付けられない本当の理由
コメント頂いた皆様ありがとうございました!

ココットさん

あれは、滝沢牧場です。
ステキなトランンポリンステージではありませんが楽しめる
様ですよ!

piyoさん
ありがとうございます!
試行錯誤してみます!

さて、本日は

長いです・・・きっと。
ずっと書きたくて・・・
お客様にも書いてね、同じ思いをされている方がいるかもしれ
ないから・・・全部書いてね。

と言って頂いたのですが・・・
どのように伝えるべきか・・・と。
なかなか書けずにいました。

でも思いきって書きたいと思います。

そのお宅に伺ったのは・・・

去年の暑い盛り・・ちょうど今頃でした。

ご依頼人の奥様は片付けが苦手で、いつも御主人から責められ、
片付けられない血をついだお子様の物まで御主人が捨ててしま
う・・(ご本人談)
ということから、ご依頼を頂きました。

御主人は片付くならば大賛成との事で、初回はご一緒に作業。

普段から収納の仕組みを作ろうと努力なさったり、言いっぱ
なしでは無く、体も動かして下さるご主人様でした。

c0219541_244713.jpg


「個人管理」

をコンセプトに進めた改善。
皆様の御陰で、各自の部屋を作る作業まで進みました。

特に5年生の長男の動きが素晴しくて、気のつく良くお子
さんだなと感心したのです。

でも、どうしてだか、片付いても浮かない顔の奥様・・

その後頂いたメールで理由がわかったのです。

「片付かないのは私が悪い・・・そうみんなに言われて
 きているけれど、私には片付かない理由があるのです」

「我が子は、いじめによる登校拒否で、学校に行ってい
 ないのです。
 カレが家にいるので、趣味の時間も習い事も全てでき
 なくなりました。
 家にいるのだから片付けよう、片付けようと思っても
 どうしても片付けられない・・・
 助けて下さい・・・」

一度作業をご一緒した事で、この人には話そうと・・
思って頂けた様でした。

メールでのやり取りの中で、落ちついた環境。
自分のスペースが欲しいと願っているご長男のお部屋を
まず整えたい・・・

と言う事で、寝室にしていた和室の押し入れなどを片付け
お部屋を作り始めました。
c0219541_2581070.jpg


お家の中で、一番きれいだった和室ですが、押し入れに
お布団が詰まっているため。ご長男の荷物が運び込めま
せん
c0219541_2305879.jpg



ほとんど使っていない寝具も、捨てる事はできず、ご自身
のお部屋に運ぶ・・・など
微妙な状況ですが、奥様のやりたいように見守ろう。

自分で決めて自分でやる!

その日が来るまで。

そんな状態の中でスタートしたお片づけでした。

ご長男は、私たちと気が合い、一緒に作業を進める中で、
もっとこうしたい。こうなったらいいな〜

を沢山話してくれました。
カレ自身が一番頑張ってくれたおかげで、お部屋が完成。

c0219541_2431468.jpg


この頃から、時々学校に行き別のお部屋で授業を受ける
日が増えてきました。

今日はここまで。
次回に続きます。


お読み頂いた皆様
是非、読んだよのクリックをお願い致します。
次回の記事へのパワーにさせて下さい。

      ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

お盆休みの為、次回は16日頃となります。

メールなどもお返事が遅くなりますが宜しくお願い致します。
[PR]
# by nao-wr | 2011-08-13 02:55 | ...収納実例